プロから見た社員教育のコツと落とし穴

具体性が重要な分かりやすい社員教育の指導の心得

企業にとって人材は、貴重な財産です。社員教育は、企業にとって財産価値を高めるための重要な行為でもあります。しかしながら、企業の中には社員教育において落とし穴に捕らえられているケースもあります。どのようにすれば社員教育で確かな効果が出てくるのか、プロから見た社員教育のコツについて、知ってみるといいでしょう。 社員教育における落とし穴の一つとして、抽象的な支持のみに終始するという問題があります。指導する側は、対象となる社員に対して、改善すべき点を指摘したつもりでいます。しかし、指導を受けた側には、指導の意図がうまく伝わっていないということが実はよくあるのです。このような問題を避けるためには、指示内容に出来るだけ具体性を持たせることが有効です。問題点の中心部分を的確に示し、実例などを交えて指導すると、内容は具体性を増すでしょう。すると、伝えたいことが指導対象に伝わり、社員教育の確かな効果が表れます。

今すぐの結果は求めない根気強い社員教育のコツ

ビジネスにはスピードが求められるようになり、ビジネス業界の移り変わりの早さについていくことが、ビジネスマンにとって重要なことです。しかしその一方で、人間の成長速度には限界があります。社員教育を担当する者にとって、社員の成長の結果がすぐに出てこないというのは、ストレスが溜まるかもしれません。いらだちから、社員教育の場における人間関係にも、ヒビが入ってしまいがちです。 しかし、プロが考える社員教育のコツは、根気強さを心がけるという点です。社員教育の方法が正しければ、着実に人は成長します。人の成長は緩慢で、すぐに結果を求めようとしてはいけない性質のものです。社員教育の指導担当者は、急がず根気をもって地道に指導を続けるべきです。始めは成長の変化が見えないような社員でも、社員教育の指導の成果は蓄積され、将来の成長へと役立っています。必ず結果が出ることを信じて社員教育に尽力すれば、成果はやがて実ることでしょう。